日本でも欧米をマネして成果主義というのを取りいれて企業もあったかもしれませんが、実際のところは成功しなかったという例が多かったのではないでしょうか。日本とは違ってヨーロッパではアメリカほどではないにしても緩やかな成果主義が浸透していると言ってもいいでしょう。ヨーロッパで働く場合に日本との雇用慣習の違いについて知っておいたほうがいいわけですので、ここでは成果主義について取り上げてみます。

常に結果が求められるという側面がある

ヨーロッパ諸国では成果主義が浸透しているわけですので、どれだけ結果を残しているのかということがポイントになってきます。結果を残すためにどういうプロセスを経るのかということが重要になってきます。そのプロセスに従って結果を残すというのが従業員の行動になります。

日本では成果というよりは努力しているとか長期間働くと言ったことが重要視されるわけですが、ヨーロッパではそういうことはないです。結果だけで評価されるというわけでもなく、プロセスを含めた結果として評価されるわけです。

オンとオフはかなり明確に分けられる

ヨーロッパでは日本やアメリカと比べてかなり労働時間が短いということが言えます。労働時間が短い中で、生産性を高めて働くときにはしっかりと働くということが根付いています。休む時にはしっかりと休んでオフを充実させるというのがヨーロッパの働き方です。

長時間働くことは求められていない

ヨーロッパは日本やアメリカに比べても労働時間が短いわけですが、その中で生産性を高めて働くという成果主義がしっかりと根付いています。仕事をしている時にはダラダラ長時間になって働くということは求められていないです。

関連する記事