日本人がヨーロッパ諸国で働くという場合には、仕事のルールの違いという面についてしっかりと適応していかなければいけないです。日本の常識がヨーロッパ諸国においては全然通用しないということも中にはあるわけです。特に気を付けてもらいたいのが雇用契約書の扱いです。日本ではそれほど重要視してこなかったものですが、ヨーロッパ諸国ではとても重要なものになります。

雇用契約書が無いまま仕事をすると不利益を被る

日本においても働くとなると雇用契約書を交わすわけですが、その扱いについてはそれほど重要なものでは無かったりします。もしかすると、日本において雇用契約書について別段気にしていなかったという人すらいるのではないでしょうか。

ヨーロッパで働くとなると雇用契約書のことを理解しながら働く必要があります。日本以上に雇用契約書は重要だということです。雇用主が雇用契約書を用意しなかったとなると、それは違法労働ということになりますので、十分に注意をしてください。日本と違ってヨーロッパで働くとなると自己責任になりますので、そこのところはしっかりと防衛してください。

滞在許可証の発行のために必要になる

日本人がヨーロッパで働くとなると、その国においては外国人であるわけです。外国人として長期間働くとなると滞在許可証が必要になり、その発行のためには雇用契約書が必要になります。あとは給与明細書なども大事に取っておくといいでしょう。

雇用契約書は思った以上に重要である

日本にいる場合はそれほど気にしなかった雇用契約書が、ヨーロッパに来てみるととても大切だということに気づかされます。労働条件の提示のために雇用契約書を交わしますが、それだけでなく滞在許可証を発行してもらうためにも必要です。

関連する記事