ヨーロッパで就職をして働くとなると別に英語ができなくても構わないということがあります。世界中に日本人が多く住んでいるコミュニティなどもありますので、そこからの求人に応募すればいいわけです。しかし、英語はともかくとして、その国の言葉を覚えていったほうがキャリアが適切に積むことができるでしょう。

現地で使われている言葉を覚えていったほうがいい

ヨーロッパ諸国が全部英語圏なのかというとそういうわけではないです。英語圏の国と言えばイギリスとアイルランド、マルタしかありませんが、北欧や西欧では英語が通じるケースも多いです。そうは言っても、フランスであればフランス語、イタリアであればイタリア語といったように現地の言葉があれば、そちらを覚えていったほうがいいでしょう。

最初のうちはなかなかできないということもあるでしょうが、現地に入って就職してからもきちんと現地の言葉を覚えるようにしましょう。自分のためにも仕事を広げるためにも、現地の言葉を覚えた方が有利な場面は多いです。

英語が通じないところも中にはある

生活をするだけであれば別に英語を知っているのであれば、英語でしゃべればいいのではないかと思うかもしれませんが、ヨーロッパの中でも東欧や南欧になると英語が通じないということも普通にあり得ることです。そうなると意思疎通ができなくなりますので、早く現地の言葉を覚えていくべきでしょう。

英語を知らなくても現地の言葉は必要になってくる

ヨーロッパにおいて英語が通じる国は結構あるわけですが、それでも自分の仕事のためにも現地の言葉を覚えていったほうがいいでしょう。英語が通じないところであればなおさらそうしたほうがいろいろと役に立つでしょう。

関連する記事